世田谷区や目黒区,品川区で税理士の相続税申告・相続対策は匠税理士事務所

  • 相続税の申告
  • 生前贈与の対策

はじめての相続による財産や税金の問題を解決し、スムーズに相続がすすむようにお手伝いいたします。

相続税サービスの紹介

親や配偶者の方がお亡くなりになると、ほとんどの方がはじめて相続を経験されるのではないでしょうか。

どんな手続きを、いつまでに、どうやったらよいのか?

相続といっても税金の申告だけではなく、
どのように相続したら税金が安くなるのか、遺産の分割や様々な相続の手続きなど
限られた期限内に解決しなければならないことが沢山あります。【関連記事 こんなときどうする?相続税情報館

  • 一般的な相続の流れ
  • 初めての相続、分からない点が多い

亡くなられた方が生前に築いた大切な財産を
どのように相続するかは、残されたご家族にとって大変重要な決定事項ではないでしょうか。

匠税理士事務所では、「専門家にお願いしてよかった。」と言っていただけるよう
相続や贈与、事業承継に特化した業界最高峰の専門家と提携し、高品質のサービスをお客様に提案します。

相続サービスのご案内

生前に行う相続税の試算や
軽減方法のご提案
遺産分割対策などのサービスです。

相続発生後の相続税の申告から、
相続税軽減のための遺産分割案、
名義変更などのサービスです。

相續税がかかるかどうかの
簡易診断を行うことができます。
> 詳細はこちら

相続発生後のサービスのご案内

いつまでに、誰が、何をすべきかが分かることでお客さまの相続の不安を取り除きます。

大切な財産を相続するために最善の相続税対策を


相続税申告サービスでは、はじめて相続をご経験される方のために
初回の無料相談で、
ご契約前にお客さまの相続について一連の流れを分かりやすく説明いたします。

これは「いつまでに、誰が、何をするかが分かる。」ことでお客さまの相続負担が早い段階で軽減できるためです。

ポイント

  • 相続税を軽減する方法はないだろうか。
  • どのように遺産分割するのが有利だろうか。
  • 相続税をどのように納めるべきか。

お客さまによって、よりよい相続ができるように
提案をいたします。

相続対策+αの提案サービス

相続税を軽減するために、徹底した現地調査やシミュレーションを行います。

不安な税務調査の対策も事前に行います。


亡くなられた方が実質的に所有していた財産が、分割する遺産の対象です。

遺言書がない場合、相続人が話し合い誰が何を相続するかを決めます。

このとき、分割の方法によっては、相続税を軽減できることがあります。

そのため、遺産の分割シミュレーションを行うことで、
税金面や資金面などを考えたうえでの遺産分割が可能となります。


ポイント

特に評価が高くなる土地については
相続や贈与、事業承継に特化した業界最高峰の専門家と提携し
相続税を低く抑えるための提案をしております。

相続する財産の調査や評価

財産と債務を調べてその目録を作っておきます。
死亡前3年以内の贈与・相続時精算課税も確認します。

相続する財産の金額は、税金の計算上
いくらにしなさいという定めがあります。
この定めにしたがって財産を評価します。

税務調査への対策

税務署の税務調査にそなえるため過去の預金などを確認し
相続財産の漏れや、贈与税の申告漏れがないかを
事前に確認します。

お客さまの大切な財産をしっかりとお守りします。

相続対策にもいろいろな種類があります。

不動産の現地調査

不動産評価は最も専門性が高く
税金を軽減するための様々な特例や評価減が
もうけられています。

机上の評価だけではなく
現地調査役所調査など
お客さまが引き継ぐ不動産によって
不動産の評価を下げるための調査を行います。

相続や贈与、事業承継に特化した
業界最高峰の専門家
特に土地評価減のプロとの提携により
相続税を低く抑えるお手伝いを致します。

遺産分割のシミュレーション

家族のなかで
誰がどの財産をもらった方が税金の負担が減るか、
相続税を納めるお金の問題はどうするか。

遺産を分割するための意思決定に役立つよう
遺産分割のシミュレーションを行います。

税金とお金の側面から遺産分割をどうするのかを
考えることができます。

相続税のポイント

大切な財産を相続するために

〝亡くなられた方が生前に築いた大切な財産を最善の方法で引き継ぎたい〟
そのためには、どんな税理士を選んだら良いのでしょうか。

1相続財産に不動産がある場合→不動産の評価減に特別なノウハウがある。

2相続財産が多額になる場合→相続税の軽減、遺産分割シミュレーション、納税方法の提案があること。

これらのことが税理士選びの最低条件です。

そのうえで、+αの提案ができるサービス力、
安心して任せられるコミュニケーション能力・専門性などの人間力、提携先などを加味して
お客さまが安心して任せられる税理士を探されると良いのではないでしょうか。

お客様にとって最善の方法を

匠税理士事務所では、財産の評価、節税スキーム、税務調査の対応など
お客さまに必要なサービスを、品質・安全性を第一に、提案いたします。

お客さまに「専門家に任せてよかった。」と言っていただけるよう
技術やノウハウを駆使し、必要に応じてお客さまに適した
業界最高峰の様々な専門家をご紹介いたします。

匠税理士事務所の相続税サービスは、
" お客さまにとって最善の方法を " がポリシーです。


お客さまにとって最善のサービスを


大切な財産を、次の世代にしっかりと引き継ぐために

その他にも
①相続にともなって発生する不動産など相続財産の名義変更の手続き
②相続税を現金で一括で納めることが難しい場合には、延納(分割で税金を納める方法)、
物納(財産で相続税を納める方法)、売却相談
などもオプションサービスでご依頼いただくことが可能です。

料金

相続税の申告料金

<相続税申告料金>
・相続税の申告
・財産目録の作成
・遺産分割協議書の作成
210,000円~

名義変更の料金

<不動産の名義変更>
不動産の相続登記変更申請等
80,000円~
<金融機関の名義変更や各種代行>
口座の名義変更や払い出し代行等
40,000円~

相続対策+αの提案サービス

生前の相続対策について


相続税につきましては、やはり生前の対策が、重要となります。

有効な節税対策、円滑な相続・贈与・事業承継のためには、
生前のうちに、相続税の診断などを受けられるとよろしいかと思います。

そのうえで相続税や贈与税、
事業承継に伴う株式の移転
土地建物など不動産の移転についてプランニングすることも大切です。

相続対策につきましては、
100,000円~承っております。

シェアボタン はてなブックマーク追加
相続税申告についてのお問い合わせ

自由が丘駅より徒歩2分。ご来訪による打ち合わせも便利です

匠税理士事務所
東京都目黒区自由が丘1-4-10 カランタ1966 404
電話:03-6272-4704  平日9:00~17:00

<対応地域>世田谷区や目黒区、品川区の他、東京都・神奈川県全域。
<担当>税理士 宮崎/ 税理士 水野

相続税申告・相続対策サービスにつきましては、下記までお問い合わせください。

相続税や贈与税の関連記事

相続税や、相続対策についての記事にまとめております。ご参考になれば幸いです。

第1回 相続時精算課税とはどんな制度か、相続税対策にどう有効か。
第2回 相続した土地・不動産の相続税評価はどのようになるのか。
第3回 相続税における葬式費用はどうなるのか。
第4回 路線価方式や倍率方式など土地はどう評価して相続税がかかるのか
第5回 相続税がかからない財産とはどのようなものか
第6回 遺産分割協議と相続税の申告はどう関係があるのか
第7回 相続税の税率と税額計算の仕組みなどの基礎
第8回 相続税の対象になる財産とはどのようなものか
第9回 相続税とは、基礎控除などの計算方法と申告
第10回 親族外への事業承継はどんなやり方や方法があるの?
第11回 事業承継とは?事業を継承する際の注意点や種類・やり方
第12回 相続税対策の生前贈与、税率と非課税は?
第13回 相続税の物納とは?相続税が払えなかったらどうする?
第14回 相続税を分割で支払う延納とは?相続税の支払い


相続税についてのよくあるご質問

相続税について、どんなことを知っておいた方がよいですか?

相続税・贈与税における土地は、税務署・国税局が目を光らせています。

土地の時価の算定方法次第で、税務申告における土地の評価が変わり、
結果として、税額が大きく変わるからです。

また、これは税務調査などで、税務署など国税側と見解の相違が生じやすい税金ということを意味します。

そのため相続や相続対策をする税理士の技術力やノウハウ、経験値が重要になってきます。

link_image.gif 生前にできる相続対策を上手に活用し、
相続、生前贈与、事業承継などのコンサルティングを受けるなどして
より、よい方法で相続ができるように準備することが大切です。

相続税はいくら位になるのでしょうか?相続手続きとは何ですか?

相続税は、
①相続や遺贈によってもらった財産
②相続時精算課税の制度を利用して贈与によりもらった財産
の合計額が相続税の基礎控除額を超えた場合に、超えた部分に対して、税金がかかる仕組みです。

・相続の財産をどうやって分けるのか
・手続きは、何をいつまでに、どうやってやるのか ということと同時に

・いくらから相続税がかかるのか?
・その負担を軽減する方法はないのか?
・どうやって財産を分割したら良いのか?
といった問題も視野に入れなければなりません。

link_image.gif相続税の申告のための事務手続きの流れ

相続人の確認→遺言書の有無確認→遺産と債務の確認→遺産の評価→遺産の分割→申告と納税

※家庭裁判所での検認や、戸籍謄本、相続税法と財産評価基本通達に定められた財産評価、領収書の保管、遺産分割協議書などのポイントもしっかりおさえましょう。

相続の場合には、死亡から10か月以内に申告と納税が必要です。

相続税は、このように計算します。

<<相続税の計算方法>>
相続税=( ③ - 基礎控除 ) × 税率  - 控除額

STEP①相続などによってもらった財産や相続時精算課税を利用して贈与によりもらった財産を合計。

STEP②借入や葬式費用、相続税がかからない財産(生命保険や退職金の一部、墓地など)を引く。

STEP③相続開始前、3年以内に贈与をうけた場合には、足す。

③が基礎控除額という金額を超える場合には、その超える部分には、相続税がかかります。

link_image.gif基礎控除額とは?...3,000万円 + 600万円×法定相続人の数です。

平成26年12月31日以前に相続が開始(被相続人が死亡)した場合は、
5,000万円+1,000万円×法定相続人の数でしたが、改正されて、基礎控除額が小さくなりました。

link_image.gif相続税の税率...10%から55% (相続する財産の金額によって決定します。)

相続対策は、やっておいて方が良いのでしょうか?

相続税は事前の対策がとても重要です。贈与もとても有効な対策の一つです。

相続が発生する前に、財産の状況などを確認し
生前に相続税のシミュレーションを行っておくことで
相続発生後の問題をは事前に検討できたり、ご本人のご意向を確認できます。

また、納税資金の確保・納税方法・遺産分割・相続対策・円滑な事業承継も検討することができます。

link_image.gif贈与税の計算方法

贈与税は、1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から基礎控除額の110万円を差し引いた金額に対してかかる税金です。

贈与税=( 贈与された資産の金額 - 110万 ) ×税率 - 控除額
※税率は10%~55%

贈与税は、他の税金にくらべ税率が高く、税金の負担が多いことが特徴です。
各種特例制度などを利用して上手く活用することが大切です。

またメリットだけではなく、デメリットも知ったうえで税理士と相談して実行しましょう。

link_image.gif相続時精算課税

「相続時精算課税」を選択した贈与者ごとにその年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産から2,500万円の控除額を引いた残りに対して贈与税がかかります。

link_image.gifその他

直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税
直系尊属から結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税
直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税