匠税理士事務所TOP > お役立ち情報 > 匠からのお知らせ
起業と黒字化専門の会計事務所

起業・開業の貯金はいくらまで貯める、用意するべき?

起業と黒字戦略の匠税理士事務所サービス起業創業融資支援サービス>起業時の必要貯金


起業をするために、準備をしなければいけないことは、沢山あると思います。


その中でも、どの業種の方にも当てはまり、最優先すべき重要なことがあります。

それは、起業のために必要な資金をしっかりと用意することです。


開業に必要な資金の平均値は、600万円から800万円程度。

もちろん、開業費用は個人のビジネスモデルによって大きく変わります。


起業・開業の貯金はいくらまで貯める、用意するべきかは
①起業にどの程度のお金が必要かを、資金計画を立てて見積もり
②必要なお金のうち、どれだけを自分の貯金で用意するか

によって決定します。


必要なお金のうち貯金しなければならないお金を、どれだけを会社員のうちに準備できるかがとても大切です。




起業・開業前の会社員時代に準備すべきこと


会社員のうちは、収入が安定していますので、資金を計画的に用意することが可能です。


しかし、起業すると収入は変動します。


お金がなくなれば、必要な設備や人材、材料などの選択肢も限られ
ビジネスモデルの変化を求められたり、打開策が限られたりと、精神的にも苦しくなります。


起業の成功確率を高めるためにも、必要な資金をしっかりと用意して
万全の態勢で起業することが大切です。





起業に必要な開業資金は、幾らまで自分で用意・貯金すべきか?


それでは、起業や開業の資金は、いくらまで用意・貯金すれば良いのでしょうか?


起業するために必要なお金のうち、自分の貯金でまかなえないお金は、金融機関から調達することになります。

そのため、いくらまで貯めるべきかは、資金調達先の求める条件までは、最低限用意すべきです。


創業時の資金調達先のメインとなるのは、


1 日本政策金融公庫

2 制度融資(目黒区など行政機関の制度による融資)

が代表的なものとなります。


このうち、

1 日本政策金融公庫については、

開業資金の3分の1以上の自己資金を用意することが求められます。

つまり600万円借りたいのであれば、
300万円はしっかりと自分で用意することが必要となります。


<関連記事:認定支援機関による創業融資支援(日本政策金融公庫)



2 制度融資(目黒区など行政機関の制度による融資)については、

各行政機関によって自己資金の要件が異なります。

自己資金の要件がないところもあれば、

開業資金の2分の1以上の自己資金を用意することが求められるところもあります。


この求める条件までは、自分の貯金で用意できるよう準備をしたいところです。




貯金など起業や開業までの準備プロセスも重要

MP900442211.JPGのサムネール画像

ここで気を付けたいのが
いずれも 「自己資金というお金さえあれば良い 」というわけではなく、

その自己資金(お金)を、どのような過程を踏まえて貯められたのかも重要です。


コツコツと夢に向かって努力(貯金)された方は
各機関における融資でも評価されます。


反対に、一例として、お金があっても
競馬などで稼いだお金など、自分で貯蓄したお金ではないときは
金融機関からの評価は、良いものと言えません。


今からはじめる起業準備

将来起業をしたいとお考えの方は
まずは、ざっくりとどれくらいのお金が必要になるのかを計算してみることが重要です。


そうすると、
必要なお金のうち、いくらまでを、いつまでに用意して、
残りは、どのような創業融資を受けるのかを検討できるようになります。


いつかは起業したい・・・・ という漠然な思いが、
〇年〇月〇日までに起業するという現実なものになり、
これによって起業するまでの行動が大きく変わります。


また、自己資金を貯めるまでの過程もしっかりとしてきます。


起業して夢を叶える、夢が夢のまま終わってしまう、この差は行動をできるか否かにあります。


最短のスピードと手間で行動をするには、
起業までの創業計画書をしっかりと立てることが重要です。


(参考:起業や創業融資での創業計画書の作成のポイント ) 

(参考:創業融資を申し込むために必要な書類とは )



起業成功のポイント まとめ

ポイント1 いつまでにいくら用意して、どこで、どんな事業で、起業をするのかをしっかりと決めること

ポイント2 コツコツと地道にしっかりと準備(貯金)・計画をたてて慎重に行動すること

ポイント3 思い切って起業する実行力をもつこと

ポイント4 メンバーをまとめるリーダーシップをもつこと


起業した後も、経営者は、利益をしっかりと蓄えておく堅実な経営を行う必要があります。

起業資金を準備することは、経営者になるための重要な第一歩です。



起業や開業支援サービスのご紹介

匠税理士事務所では、日本政策金融公庫等の金融機関と連携し、
起業や開業に必要な資金の調達をサポートしております。
これから起業されるお客様向けの、融資支援サービスはこちらとなります。


創業融資バナー.jpg











< その他の起業支援サービス >


会社設立サービス...これから会社を作るお客様向けの会社の設立・経理や税金、経営のサポートサービス


起業支援サービス...すでに会社を設立されたお客様向けの経理や税金、経営のサポートサービス。


起業支援サービスの特徴...匠税理士事務所の起業支援サービスの特徴。


資金調達をサポートする創業融資支援サービス
創業融資支援サービス 世田谷区・目黒区・品川区などに対応





< 起業に役立つ情報集 >


女性税理士の宮崎千春による起業塾...起業や開業に役立つ情報館です。


起業と黒字戦略の匠税理士事務所...TOPページに移動します。


記事についてはお知らせの免責事項をご確認下さい。




最終更新日:平成27年6月3日


facebookシェア はてなブックマーク追加

匠税理士事務所について

水野


宮崎