TOP > お役立情報 > 税務情報>

確定申告で気を付けるべき改正税法~平成24年改正~

確定申告で気を付けるべき改正税法~平成24年改正~

確定申告の匠税理士事務所のサイトをご覧いただきましてありがとうございます。こちらは、確定申告を行う際に、気を付けたい改正税法について、事例などを用いて紹介しているサイトとなります。平成24年度に改正された法案について、法人税や消費税、所得税や、源泉所得税について、条文や具体的な事例を用いて説明したページとなります。なお、こちらのサイトについてのお電話などのご質問については大変申し訳ございませんが受け付けておりません。また当ホームページのお役だち情報につきましては、免責事項をご確認のうえご利用ください。最後までゆっくりとご覧いただければ幸いです。

 


平成24年度の改正が確定申告に与える影響

平成24年に行われた改正税法は、下記のとおりとなります。なお、こちらのサイトでは事業所得の確定申告や、普通法人の確定申告に影響をする項目について解説をさせていただいております。連結法人や、所得税の確定申告のうち譲渡所得などの項目、相続税については、こちらの改正税法の解説には含まれておりません。

 


所得税の確定申告に影響する改正

所得税の改正を中心に、確定申告に関係する改正を解説したページの紹介です。


平成24 年4月1日現在法令改正のご案内

平成24年度所得税改正が確定申告に与える影響
中小企業者の少額減価償却資産の取得価額の必要経費算入の特例(措法28 の2)の適用期限が平成26 年3月31 日まで2年延長されました(措法28 の2①)。中小企業者の少額減価償却資産の取得価額の必要経費算入の特例の延長についての改正について解説しております。

 


源泉所得税の取り扱いに対する改正

平成24 年4月1日現在法令改正のご案内

平成24年度所得税改正が確定申告に与える影響<2>
その年中の給与等の収入金額が1,500 万円を超える場合の給与所得控除額について、245 万円の上限が設けられました(所法28 ③)。特定支出の範囲に書籍、定期刊行物その他の図書で職務に関連するもの及び制服、事務服、作業服その他の勤務場所において着用することが必要とされる衣服を購入するための支出などが追加されました。


平成24年度改正 退職所得の確定申告への影響
その年中の退職手当等のうち、特定役員退職手当等に係る退職所得の金額は、退職手当等の収入金額から退職所得控除額を控除した残額(改正前:残額の2分の1)とされました(所法30 ②)。 退職所得課税の見直しについて~5年以下の退職についての1/2軽減の廃止。


源泉所得税の改正と確定申告(納期の特例と書類保存期間)
確定申告上、納付や計算には影響を与えませんが、経理の手続き上知っておきたい源泉所得税の改正について解説していきます。







確定申告と改正税法|サイト運営者とサービスの紹介

確定申告の匠税理士事務所トップページはこちらから

会社の会計・経営・税金支援サービス会社の税務サービスについてはこちら

個人事業主の経理と申告サービス個人事業主の税務サービスについてはこちら




このサイトの運営者
匠税理士事務所
東京都目黒区自由が丘1-4-10 カランタ1966 404
電話 03-6272-4704
このサイトの利用にあたっては、お知らせをご確認ください。